多様な機能が備わっているCADの魅力はこれ!

CADについての紹介

CADはもともと製図用ソフトとして開発され、研究開発や設計の分野で重宝されてきました。図面は手書きが始まりでドラフターという機器を使って定規やコンパスを駆使して設計者が書いていました。修正の際は消しゴムで消すことで見にくくなったり、手間がかかったりと利便性は悪かったです。これを解決したのが自動化で、パソコン上で製図ができるようになりました。修正も簡単に行うことができ図面の見栄えも損なうことがありません。また、データーとして取り扱うことができるので工場に簡単に送信することで情報を共有することができます。また、いろいろな設計者がデータを修正できるので業務の分担などいろいろな付加価値をもたらしました。

多機能なCADの機能について

CADは2次元だけでなく3次元として取り扱うことができるようになりました。これにより、イメージを共有しやすくなったり、モノ同士がぶつからないかの鑑賞チェックをしたりといろいろな用途ができました。3次元から2次元の製図図面が簡単に作成できることがメリットです。断面図も簡単にできますので、従来のように設計者の頭の中で想像するわずらわしさがありません。さらに、3次元データを使って解析をすることができます。流れや応力解析をすることができ設計そのものの妥当性を検証することができます。近年では中間ファイルというものができ、CADソフトが異なっても互換性があるようになりました。ただし、データの内容やソフト間によってはバグが生じることがありますので留意することが重要ですよ。

水道CADとは、上下水道に関わる図面作成、設計、申請書作成を行う為のソフト又はシステムです。現場のニーズから生まれた、水道業界に特化したCADシステムであり、圧倒的な業務効率化に貢献しています。