価値が下がりにくいブランドがあるの?オーバーホールって何?

ブランドによって価値の下がりにくさがある

お金の価値は、物価などによって上がったり下がったりします。では物の価値はどうかですが、物はどうしても時間の経過とともに劣化します。その他流行などもあるため、通常は購入時に最も価値が高く、それ以降はどんどん落ちていきます。しかし高級時計の中にはこの常識に当てはまらないものもあります。高級時計の中のさらに高級なものになると、新しいかどうかではなく、そのブランドや型式に一定の価値を持つようになります。市場でそれを求める人がいれば、中古であっても一定の価値が付きます。モノによって価値が下がりにくかったり、逆にプレミアムとして価値が上るものもあります。将来的に売る予定があるなら、メーカーやブランドを見極めるといいかもしれません。

機械式は定期的にオーバーホールをする

今の時計は電池で駆動するものが多いですが、古くからある機械式時計はゼンマイの力で駆動します。高級時計といわれる時計に多く、電池式のものよりも時間の誤差が出やすいとされています。又、メンテナンスが必要とされていて、メーカー側も定期的にオーバーホールに出すのを推奨しています。基本的にはメーカーが行ってくれますが、メーカーが指定する工場などでもオーバーホールをしてもらえます。機械式時計の価値を下げたくないのであれば、コストをかけてでも定期的にオーバーホールをするようにしましょう。使わなくても中に埃がたまったり、部品が劣化している可能性があります。オーバーホールをしてもらうときれいな状態を維持できるので、価値が下がりにくくなります。

時計の買取は、ブランド品か否かで査定が大きく変わります。その上で故障の有無やベルトの状態、エッジの減り具合やダイヤルの焼け、そしてリューズ等の部分の手応えはどうか等、普段の手入れが物を言います。