膣のゆるみはなぜ起きる?原因と改善方法とは

膣のゆるみは身体の不調につながる

膣のゆるみは、身体の様々な不調につながります。膣は体内の臓器を支える大切な部分だからです。膣が緩むと尿道もゆるみ、尿漏れが起こりやすくなります。直腸もたるみやすくなり、下腹部に重みを感じたり、便秘に悩まされることもあります。そして膣がゆるむと、臓器を支える力が低下します。子宮・膀胱・直腸といった臓器を支えきれなくなり、骨盤から飛び出してきてしまうのです。

膣がゆるんでしまう原因とは?

膣がゆるんでしまう原因として挙げられるのが、出産と加齢です。出産時、胎児を外に出すためには膣をゆるませる必要があります。その後すぐに元に戻ればいいのですが、人によっては元に戻りにくい場合もあります。また、人は加齢とともに筋力が低下します。膣も筋肉からできているので、年と共に筋力が低下。元に戻りにくくなります。加齢に伴う筋力の低下が大きな原因と言えるでしょう。

膣のゆるみを改善しよう

膣がゆるんでしまうと、様々な臓器に影響を及ぼします。そのため、膣のゆるみを少しでも改善することが重要となります。ゆるみを改善するためには、骨盤底筋を鍛えるのが有効です。骨盤底筋を鍛える場合、まずは骨盤の正しい動かし方を理解することが重要です。仰向けで膝を曲げた状態で、骨盤を前後に動かしていきます。ある程度間隔がつかめてきたら、腰を横に動かす運動も行っていきます。横に動かす場合はまず星座をし、腕は前に伸ばします。正座を崩すようにお尻の片側を床につけ、すぐにお尻を上げて反対側のお尻も床につけていきます。リズミカルに行うことで、腰を前後左右に動かします。このように腰を動かすことを意識することで、骨盤底筋を鍛えることが可能です。

膣がゆるいと感じている方は、インナーマッスルを鍛えることで多少は改善できますが、手術で膣を狭くするという方法もあります。