薄毛治療ってどんなことするの?何から始めて良いのか分らないあなたへ

薄毛治療の主な治療法と、その種類や違いについて

薄毛は、男性も女性も悩みの種ですよね?一般に、薄毛はAGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれ、男性型脱毛症のことをいいます。主な原因は、体内で分泌されるテストステロンという男性ホルモン(アンドロジェン)の過剰分泌です。この治療薬には、世界中で使用されているプロペシアとミノキシジルがあります。この投薬治療が、AGA治療のベースです。プロペシアは飲み薬で、服用は1日1回、治療期間は半年以上です。効果は、服用中だけテストステロンの作用を抑え、薄毛治療の効果が持続します。費用は月1万円以内が目安で、肝機能障害のある人や、女性と未成年者は服用が禁止されています。またミノキシジルは、市販の男性用育毛剤でも有名な成分で、塗り薬と飲み薬があります。塗り薬は1日2回で、服用は1日1回です。期間は3ヶ月以上で、こちらも服用中だけ効果が持続します。費用は月1万円以内が目安で、心機能や腎機能障害がある人や、降圧剤を服用中の人と未成年者は服用が禁止されています。治療効果はありますが個人差があり、医師による処方が必要です。

その他の薄毛治療法について

服用薬がAGA治療のベースですが、その他にも頭皮に発毛成分などを直接注入する、グロースファクター再生療法(成長因子の頭皮注入)などがあります。これは回数が1クール6回からで、期間は半年から1年程度です。費用は、1クールあたり10万円から100万円程度まで幅があり、大変高額です。治療効果には個人差があり一概には言えませんが、効果はあるようです。悩んでいても何も始まらないのがAGAですよね。クヨクヨ悩むより、まず一歩踏見出して医師と相談するのが、薄毛治療の早道だと思います。

agaの治療なら、医師が丁寧な診察を行ってくれて、一人一人異なる症状に合わせた効果的な治療ができます。