LED照明の歴史についてLEDとはLight Emitting Diodeの略で、一般的には発光ダイオードと呼ばれている半導体のことです。電圧を加えると発光するのが最大の特徴です。おおよその原理は20世紀初頭に発見されていましたが、現在のように商品化できるレベルまで仕上がったのは1960年代のことです。光の三原色の赤・緑・青のうち、青だけが開発ができませんで…